この度、平成31年度通常総会において堀田理事長より引き継ぎ、新たに理事長に就任させて頂きました早川でございます。
就任にあたって一言ご挨拶申し上げます。
 これまでの組合を育てていただきました堀田理事長や前近藤理事長をはじめ関係各位に敬意を表すと共に、組合員としてご尽力いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。
 さて鳴海絞商工協同組合と言う名前に変更されてからは70年と言う長い日が過ぎようとしています。

 しかし、多い時には50名前後の組合員も時代の波には逆らえず減少の一途をたどって参りましたが更にこの数年の間に13名の組合員数も7名となり減少に歯止めがかからない状況では有りますがその中ででも代が入れ替わりもあり現在一番の若手で42才の方が後継者となって居り、悲観したことばかりでは無いと思っております。
 絞り業界の状況は、販売先の衰退、減少と若手後継者の減少等々が顕著となっており業界経営的にもよくない状況が続いています。
 このような状況下ででも各個々のお店(組合員)に対し組合として何が出来、何が役に立つのかという事を考えるのであれば知名度の復活、また鳴海絞りの販売等々が一番組合員にとっても良い事と思って居る次第であります。
 微力な私ではありますが、皆さまの力を借りて、鋭意実行する所存です。
 結びに関係各位様からのご指導ご鞭撻をはじめ組合員へのご理解ご協力をお願い申し上げます。

令和元年6月

鳴海絞商工協同組合  
理事長 早 川 昌 宏